創刊50周年「ジャンプ」伝説の元編集長、鳥嶋和彦さんが語る「鳥山明をめぐる社内政治」

1マンガ大好き読者さん ID:chomanga
創刊50周年「ジャンプ」伝説の元編集長が語る「鳥山明をめぐる社内政治」〈dot.〉
2/17(土) 11:30配信 AERA dot.
https://dot.asahi.com/dot/2018021300102.html?page=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00000102-sasahi-ent

白泉社代表取締役を務める鳥嶋和彦さん



2018年に創刊50周年を迎え、1月からは記念ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」も放送されるなど話題の「週刊少年ジャンプ」。かつて、国民的漫画「ドラゴンボール」の鳥山明の才能をいち早く見出し、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の堀井雄二をライターからゲームの世界に送り出し、漫画界で“伝説”となった編集者がいた。1996年から2001年まで同誌編集長を務め、現在では白泉社代表取締役として活躍する鳥嶋和彦さん(65)だ。80年代から90年代にかけ発行部数が500万部を超え、“黄金期”を過ごした思い出を語った。

【鳥嶋さんが手がけた「ファミコン神拳」】

――ジャンプ編集部に入られるまで、ほとんどマンガを読まれたことがないと伺いました

マンガは小学生の頃に少し読んだことはあります。サンデーやマガジンの存在は知っていたけど、ジャンプは当時まだ存在しなかったですね。活字の本ばかり読んでいました。小学校の頃は哲学書を読んでいたし、中学生の後半からは海外の翻訳小説を読みふけっていました。その後大学を出て、集英社に入って、「週刊少年ジャンプ」編集部に配属されます。でも、本当は「月刊プレイボーイ」の編集がやりたかったんです。

――当時のジャンプ編集部の様子はどんな感じだったのでしょうか

とにかく息苦しかったですね。まるで男子校の雰囲気でした。違うということを許さない。若手に反論させなかったりとか、後輩を無理に飲みに誘ったりとか、体育会系のような上下関係の厳しさがありました。「友情・努力・勝利」というジャンプの三大原則がありますが、これは編集部内の思想統一かと思いましたよ(笑)。「男は~」という考え方は当時から僕は嫌いでした。そういう空気が肌に合いませんでしたね。

――編集者同士の競争も激しそうですね

ジャンプ編集者の第一の仕事は、毎週送られてくる読者アンケートでいかに人気を集めるかです。ここで人気が取れないと、自分が担当しているコーナーや、漫画家の仕事がなくなってしまいます。しかし、これはパイの奪い合いですから、他人は他人、自分は自分というような感じで、編集者同士が普段からギスギスしているようなところがありました。切磋琢磨と言えばそうは言えるでしょうけどね。

――編集者同士の横の繋がりにはどういったものがあったのでしょうか

週刊少年ジャンプでは3,4人の編集者で班に分けて、4週間ぐらいかけて漫画連載以外の誌面を作っていく体制を取っています。この班という結びつきが重く見られていて、班のメンバー同士で毎日一緒にお昼を食べに行ったりとか、お酒を飲みに行ったりする風潮がありました。そこで、別の班の噂話を聞かされたりするのが僕はイヤで仕方がなくてね。同じ編集部内なのに、班を越えて同僚と親しくするだけでも、自分の班のメンバーからは白い目で見られる感じでした。

――組織の縦割りが徹底されているんですね

社内の人間関係が編集部内どころか、班のなかで大部分が完結してしまっているわけです。さらにジャンプ編集部では中途採用はおろか、社内の別の部署からも人が移ってくることがほとんどありません。つまり、新卒で配属されてずっとメンバーが同じというわけです。同じ会社内でも、他の雑誌の編集部がどうなっているのかもよくわからなかった。

>>2以降に続きます。
3マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>1
続きです。

――確かにそれは閉鎖的かもしれません

だから、編集部内の人とは努めて交わらないようにしていましたよ(笑)。僕が担当をしていた鳥山明さんの「Dr.スランプ」がヒットし始めた頃、同じ集英社の週刊プレイボーイから僕に「Dr.スランプ」について取材したいという話がありました。この時のライターがさくまあきらさん。後に「桃太郎電鉄」を世に出します。僕はさくまさんと親しくなり、その繋がりからドラクエの堀井雄二さんとも知り合うわけですが、僕はこうした社外のライターを積極的に誌面に起用しました。こうして誕生したのが「ジャンプ放送局」といった読者投稿コーナーや、ゲーム紹介記事「ファミコン神拳」です。当初、社外の人間を使うことに、同僚からものすごく反発されました。「アンケートが外に漏れるからダメだ」って。結局、作業は会議室でやる、編集部内には入れないという条件で企画は通しました。アンケートで高評価をとっていくことで文句を言う人はいなくなりましたが、それでも「漫画だけやっていればいいのに、エネルギーのムダだ。バカなことやってる」という陰口は聞こえてきましたね。

――その後、鳥嶋さんは93年にゲーム雑誌「Vジャンプ」を創刊する形で、一度ジャンプ編集部を離れる形になります

こうした外の人間との付き合いがなかったら、Vジャンプは創刊できなかったでしょうね。でも、創刊編集長でいられたのも3年だけ。部数減のジャンプの立て直しで96年に週刊少年ジャンプの編集長として呼び戻されます。理由は鳥山明さんの「ドラゴンボール」に続く新連載が欲しかったから。当時の経営陣からすれば、鳥山さんの新連載が始まれば、ジャンプの売り上げも回復すると考えていたんでしょうね。でも、それは難しいと僕にはわかっていた。「ドラゴンボール」をあれだけ無理に引っ張らせた時点でもう次は描けない。

――ジャンプ編集長として、まずどんなことに取り組んだのでしょうか

653万部という部数はもう戻らないと思っていました。それはパソコンやスマートフォンのように、一つの画面に漫画、ゲーム、アニメ全てが映る時代がやってくると、Vジャンプをやっていて確信していたからですね。そもそも、部数を増やすことに何の意味があるのか、といううっすらとした疑問も感じていました。部数増による収益だけではなく、単行本の収益、アニメ化されて入る収益の合計で勝負すればいいのではないか。「遊戯王」のヒットとかもあって、こうしたトータルの収益では過去最高になりました。
4マンガ大好き読者さん ID:chomanga
――ジャンプ編集部内のそれまでの空気をどう変えていきましたか

もちろん、編集部内の雰囲気をもっと自由に変えたい思いがありました。まず、男子校のようだったジャンプのあり方を、農耕民族社会と狩猟民族社会を足して2で割るような感じでオープンな雰囲気にしました。外の人間が自由に出入りできたり、編集部内では後輩を無理に飲みに誘わないといったような形に変えていきました。仕事は仕事、プライベートはプライベートという意識も徹底した。結果、男子校から共学校ぐらいの雰囲気にはなったんじゃないかな。女性の編集者はいなかったけどね(笑)。

――確かに「封神演義」や「テニスの王子様」などのように、90年代後半から女性ファンが付くような作品が目立つようになった印象があります

いわば共学化したことで、ジャンプ全体の作風にも影響が出たかもしれない。「友情・努力・勝利」という伝統は薄まったけれども、一方で「アンケート至上主義」は残した。90年代当時、約3万通のアンケートハガキが毎週送られてきました。早いものでは、火曜日の夕方には300通ぐらい届きます。これは「速報」と言って大変貴重な情報源でした。火曜日の夕方なら、その週の号で進行している原稿にぎりぎり反映させることができます。今ではインターネットが登場し、さらにツイッターなどのSNSで簡単に読者の声を拾えますが、当時からこのようなライブ感を持った誌面作りができていたのはジャンプだけでしょうね。

――つまり、アンケートが黄金期ジャンプを支えた源泉であったと

読者双方向の誌面作り、これがジャンプ創刊以来の一番の強みと言えるでしょう。子どもが参加できる、自分の声を反映させられる唯一の雑誌なのではないでしょうか。その情報もアンケートだけに頼っていたわけではありません。他によく参考にしていたものが、編集部の見学が自由なんですね。修学旅行のコースにもなっているぐらいで、学校の先生に引率されて何十人もの生徒が見学に訪れます。そこで若手スタッフが編集部の中を案内して説明したり、原稿を見せたりするわけですが、そういう時に「最近何が面白い?」とか聞いたり、さらに「グッズがあるけど、好きなもの持っていっていいよ」と言って、その反応を見て参考にしたりもします。

――ファン交流イベント「ジャンプフェスタ」も鳥嶋さんが編集長の時に始まりましたね

「ジャンプフェスタ」は毎年12月の2日間、読者を無料で招待するもので、毎年10万人以上が訪れます。「1年間ありがとう」という感謝の気持ちをファンに伝えることが目的なのですが、これも会場で読者の顔を見て、反応を見る、そしてそれを誌面にフィードバックすることをやっています。イベント自体は現場からの発案で、今や20年近く続いています。これもジャンプに受け継がれる新しい強みと言えますね。
843マンガ大好き読者さん ID:chomanga
鳥山明をめぐる社内政治についてろくに触れられてないんですが
84マンガ大好き読者さん ID:chomanga
鳥山明をめぐる社内政治が一切語られないんですけど…
98マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>84
直接触れずともそこは言わなくても分かるじゃんよ
マシリトがDB完結後の鳥山を守ってた事くらいは
705マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>84
「鳥山明に描かせるためにジャンプ編集長として
呼び戻した」って書いてあるだろ

ドラゴンボールの引き伸ばしの酷さも認めてるし
あれだけやらせてもう描けるわけねえだろって
9マンガ大好き読者さん ID:chomanga
まさか あのドクターマシリトが集英社の社長になるとは36年前には想像すらできなかった。
11マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>9
白泉社の社長な
23マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>9
集英社の社長にはなれなかった
58マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>23
滅茶苦茶優秀な人ではあるんだろうけど>>1を見ると集英社では無理っぽいもんな。
69マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>23
集英社の社長は、こち亀の初代担当の人だな
初期こち亀にもちらほら出てた堀内さん
10マンガ大好き読者さん ID:chomanga
2億部で作者には印税が1割だから80億
出版社の利益はどれくらいだろう
25マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>10
ビルが建つぐらい
509マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>10
出版社の利益は3割。紙や印刷代運送も3割。問屋と書店の利益も3割。

漫画家はもうネットで無料公開して広告収入を得るが一番儲かるかとw
955マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>509
広告収入にするとスポンサー臭くなるから無理だわ
映画やドラマでも同じ
690マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>509
知名度があればな。
無いやつは看板に頼るのが一番
886マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>690
知名度無くても内容で勝負できるかと。
商業誌は5万部以下は赤字だけどネット同人は5000人信者が居れば平均的リーマンくらいは余裕で稼げるし。
12マンガ大好き読者さん ID:chomanga
けっきょくドラゴンボール以上のコンテンツが出てこないからな
13マンガ大好き読者さん ID:chomanga
ワンピ、遊戯王、ナルトとか十分すげーコンテンツじゃん
15マンガ大好き読者さん ID:chomanga
アンケートなんか重視してるから、なんでもかんでもバトル漫画化してしまうんだろ。
462マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>15
正直テニスの王子様や黒子のバスケが人気だったのって腐女子がアンケートハガキしこしこ出すからな気がしてならない
本来の男子読者はどう思ってたんだろうな
男はあんまりファンレターとか出さないらしいからな
誰かワンピの作者が誰かが言ってた
17マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>白泉社代表取締役を務める鳥嶋和彦さん

 今はどうやってベルセルクを終わらせるかが最大課題だな。
130マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>17
社長になったからここの作品については関われないってなんかに書いてたぞ
作品を終わらせるのは担当編集と編集長の権限だからトップがくち出したらアカン
それをしたらDBになるそうな
304マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>17
ヤングアニマルは売れる作品で雑誌をつくり
冒険作品チャレンジする方針らしい

余裕あるのはベルセルクのおかげさま
399マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>17
別な意味でベルセルクはもう終わっている。
78マンガ大好き読者さん ID:chomanga




379マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>78
面白い
89マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>78
やっぱ平松先生のセンス最高やわw
22マンガ大好き読者さん ID:chomanga
成功したら編集者の手柄
失敗したら漫画家の責任
楽な商売だよな編集って
29マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>22
編集者の手柄だなんて思ってるやつはほぼいないだろう
進撃の巨人みたいに他で箸にも棒にもかからなかった作者を発掘した編集者は内部で褒められるけど
59マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>29 進撃の巨人は最初にジャンプもちこみ蹴られたんだっけ
そういうはなしはしないのな
37マンガ大好き読者さん ID:chomanga
マシリトですら叩かれるってこえーな
メディア人としては桁違いなのに
39マンガ大好き読者さん ID:chomanga
編集の手柄で認められるのって近年ではキバヤシとか長崎尚志くらいだよね
集英社のメンバーや秋田書店のカベさんとかキャラでイジられるのはあっても
47マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>39
キバヤシは本物の天才編集だけど
漫画家の才能を使い潰すタイプでもある
82マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>39
その二人もネット以前に形を作れたからなぁ
編集で仕事となると、今はもうどうしてもビッグデータ頼りたくなっちゃうから
ああいうタイプも出なそう。
41マンガ大好き読者さん ID:chomanga
集英社内で出世するより白泉社みたいなマイナー出版社で社長になることを選んだのか。
と思ったけど白泉社って集英社から枝分かれした会社なのね。
じゃ、また集英社に戻ってくる可能性もあるわけか。
87マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>41
鳥嶋は集英社では専務まで行ったから集英社内で出世するにはあと社長しかない
最後の最後の出世競争には敗れたということ
45マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>41
もうない
出向でもなく天下りで白泉社に行っただけ
65マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>45
お?そうなんだ。
88マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>45
役員クラスで出向も天下りも無いだろうよ・・・
会社によるけど、いろんな力学で返り咲きはある

マシリトは無理だろうなあ
集英社はジャンプだけじゃないから
75マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>45
3年の期限付き社長だよ

白泉社も一ツ橋グループだから次は集英社か小学館の役員になる
85マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>75
集英社は常務であがっちゃって終わり
これからは関係各社を回るだけ
42マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>90年代当時、約3万通のアンケートハガキが毎週送られてきました。

600万部発行してた時代なのに 3万通しか返ってこないのかよ すくなっw
54マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>42
200円くらいの金を払って漫画を読んで
50円払ってアンケートを送る少年少女が2%いたら凄いと思う
プレゼント目当てもあるけど有料で感想を送るわけだから
477マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>54
2%でなく0.5%じゃないか?
480マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>54
ジャンプのアンケートは毎回しこしこ送ってたがプレゼント全く当たらなくてクソ腹立ったわ
コロコロや小学何年生の奴は当たったのに
53マンガ大好き読者さん ID:chomanga
別のインタビューで、サンデーの編集長になったら、
あだち充と高橋留美子を真っ先に切ると答えてて笑った。
513マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>53
でも少年サンデーって一回そっち路線行って古参切っておっさんサンデーになってたのを対象年齢下げて子供向け路線でやってたけど
その後雷句誠訴訟事件とかあって新人漫画家が来なくなって
ガンガンから引き抜いたけどダメで
また古参呼び戻して古参頼りに逆戻りしてるよな
531マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>513
少年サンデーは一発当てた作家を優遇しすぎだよな
久しぶりに読んだら留美子やうしとらや今日俺の作者にいまだに描かせてたけどあまりにも古臭くてつまらなすぎて笑えたわw
562マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>513
あの子供向け路線のときは結構売れてたんだけどな少年サンデー
ガッシュ、MAR、うえきの時代

で、見事にこの三名が訴訟&鬱病になってて、サンデー編集部ってどうなってんだと思ったわ
90マンガ大好き読者さん ID:chomanga


こういう関係性好き
堀江と原哲夫や北条次原にもこういうのがあったんだろうなぁ
230マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>90
はっきりいってぜんぜんだw
55マンガ大好き読者さん ID:chomanga
集英社よりも白泉社の方が自由に好きなことできると思うよ
パタリロ生み出した何でもありのとこだから
引用元:http://2ch.sc/
アクセスランキング