漫画「愛と誠」の紛失原画がネットオークションに無断出品され400万で落札されてしまう・・・(画像あり)

1マンガ大好き読者さん ID:chomanga
1970年代の漫画「愛と誠」(梶原一騎原作・ながやす巧作画)の紛失原画が、インターネットオークションに無断出品され、400万円で落札された。

他にも行方がわからなくなっている原画があることから、版元の講談社は10日、「原画を発見した場合には、購入せずに編集部に一報を」とHPで告知した。

「愛と誠」は1973~76年に「週刊少年マガジン」に連載された純愛漫画で、映画やテレビドラマで何度も実写化された人気作品。
週刊少年マガジン編集部によると、74年ごろ、実写化に向けてテレビ局やレコード会社に原画を貸し出した際、カラー10枚とモノクロ5枚の原画が行方不明になった。
当時、警察にも紛失届を出したという。
その他の原画はながやすさんが管理しており、外部へ譲渡・売却されたことはないとしている。

紛失した15枚のうち、カラー原画1枚が、今年4月20日に漫画古書店大手「まんだらけ」が運営するネットオークションに出品された。
400万円で落札されたのは5月6日だった。
週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長は「40年以上不明だったものがいきなり出品され、驚いた。オークションの中止を求めたが、まんだらけ側は『出品した以上は取り下げはできない』との対応だった。残念だ」と話す。
まんだらけ広報部は「対応を協議中だが、担当者が休みのため回答は後日になる」としている。

他の14枚の原画は今も不明のまま。
ながやすさんとマガジン編集部は「もしネットや店頭にあれば、紛失原画なので購入せず、編集部に連絡してほしい」と呼びかけている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14700523/

「愛と誠」の紛失原画が400万円で落札

2マンガ大好き読者さん ID:chomanga
まんだらけか…
3マンガ大好き読者さん ID:chomanga
まんだらけ側は手数料いくら得たんだろ
5マンガ大好き読者さん ID:chomanga
法的にはどうなの?
講談社の、このぬるい対応では問題なさそうだな
24マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>5
盗品でもそうと知らずに買った場合は所有権は購入者に移るから、講談者が返還を要求しても現所有者には応じる義務はない。
26マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>5
結構難しい

動産(この場合は原画)の盗品などの転売の場合は
基本的に、まんだらけが悪意なく購入した場合は
(悪意と言うのは、犯罪行為などによって転売された事を知っていたかどうかなど)
基本的に、所有権はまんだらけの物になる

但し、まんだらけが盗品だと知っていたとか、知らなくても盗品であると気付くべきだけの事情があるならややこしくなる
まあいつ盗まれたのか分からないが、時効などの関連もあるし
ほぼ確実に所有権はまんだらけにあると思うよ
470マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>26
まんだらけ等の大手オークションには事前にに盗品リスト渡したり協力を要請したり警察等から圧力かけさせとくべきだよな
講談社のやり方は怠慢
458マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>26
買い取りには必ず本人確認が必要。
つまり、盗品を売った人は判明している。
477マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>458
だから全ての面で時効。
これが許されるからブラックマーケットに流れた美術品が表に出てきたりする。
もちろん、その努力のためにオークション会社がコスト掛けてたりもするんだけどな
482マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>458
個人情報を怪しいからというだけで一企業の判断で流せるわけないだろう
499マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>458
その人がコネで手に入れたかもしれない
それを確証まで持っていく義務はまんだらけにはない
42マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>5
落札者が善意の第三者で落札した場合民法192条により保護される
しかし盗難がわかってから2年以内の落札に関しては民法193条により即時返還請求ができる
その際に落札価格を落札者に支払わなくてはいけない(民法194条)

今回は盗難から40年経過しているので即時返還請求は出来ない
まあ弁護士を通じて原画返して?となるだろうね
457マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>42
出版社をしょっぴけばよくね?
330マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>42
400万払えば返してくれんじゃね?
361マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>330
400万円もかけて落札したんだから相当のファンじゃね?
同じ金額だったら手元に原画を置いて眺めて楽しみたいだろうな
445マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>361
400万円をかけるほど価値を知っている者が、それを盗品だと知らないはずないわな。
法律を熟知した上での自演だから。
400万ゲットだわ。
7マンガ大好き読者さん ID:chomanga
盗難ならともかく紛失じゃしかたないな
197マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>7
紛失といっても出版側に落ち度はなく
ドラマ資料に貸し出したら帰ってこなかったのだから

一次的な責任はドラマ製作者(資料として借り受けた側)
207マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>197
大事な原画を貸し出すとかありえんだろ。コピー渡せよ
228マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>207
青焼き渡すのかよ
284マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>207
昔の技術ではね
16マンガ大好き読者さん ID:chomanga
ガキの頃マガジン読んでた時
画が怖くて読めなかったこれ
66マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>16
なんか顎がみんな花王石鹸みたいに尖ってたしな。

梶原の暴力団趣味に辟易して少年マガジン読むのやめたっけ。
365マンガ大好き読者さん ID:chomanga
>>66
wwwwwwwww
23マンガ大好き読者さん ID:chomanga
400万なら講談社がメンツにかけて競り落とせよ
27マンガ大好き読者さん ID:chomanga
落札価格より高く買い取ればいいじゃん
なぜ他人の善意にすがろうとするのか
引用元:http://2ch.sc/




シェアする

コメント一覧

  1. 名無しの読者さん 2018/05/12(土) 02:03 返信

    当時、大賀誠に憧れて自分も成ろうとしていた・・・
    子供は本気で捉えるから漫画は検問しないかんね

  2. 名無しの読者さん 2018/05/12(土) 03:01 返信

    俺はもう50代だけどコミックス買いに行ったとき本屋のおばちゃんが「これそんなに面白いの?みんな買いに来るわ」とか言って驚いていたの覚えてる
    ただ途中からチンピラとヤクザのごたごたばかりになって人気もあっという間に落ちてしまったね
    梶原一騎にとってそれまでスポーツ劇画で使っていた「魔球」やら「必殺技」に代わる売り物が「ヤクザ」だったんだね
    ただながやす氏の作画は今見てもずば抜けたレベルだと思うよ

  3. 名無しの読者さん 2018/05/12(土) 05:58 返信

    ブックオフは盗品売買は一切しませんと言ってんのにまんだらけってクソだわ

  4. 名無しの読者さん 2018/05/12(土) 06:06 返信

    漫画の専門店が価値や経緯を知らないってのは通らないよねw
    おもいっきりグレーな事やってる。

  5. 名無しの読者さん 2018/05/14(月) 11:07 返信

    まんだらけは作者本人が偽物と言った
    サインを本物として販売したクズだからな

アクセスランキング